署名検証の秘密鍵にClient IDを指定すると判定NGとなる

Shintaro Yamasaki

2021.12.02既読 536

以下のドキュメントの記載の通り、改ざん検知のための署名検証で、秘密鍵にClient IDを指定しましたが判定がNGとなります。


ドキュメント: https://developers.worksmobile.com/jp/reference/bot-callback?lang=ja

代わりにAPI IDを指定すると、判定はOKとなります。
Developer ConsoleのBot設定でAPI Interfaceを「API 2.0 (beta)」としているのですが、この署名検証については従来のAPIの場合の方法のままとなっているようですが、そういった仕様ということでしょうか?

コメント2

  • 업데이트 된 답글입니다.

    LINE WORKS 公式アカウント

    ご認識の通り、現在は署名検証を行う際はAPI IDを使用します。
    API 2.0に対応した署名検証につきましては、現在対応に向けて準備をしております。
    対応まで、今しばらくお待ちいただければ幸いです。

    2021.12.10

    1
  • 업데이트 된 답글입니다.

    Shintaro Yamasaki 投稿者

    承知しました。ご回答いただきありがとうございます

    2021.12.10

    0
前の投稿 トークBotのコンテンツダウンロードのAPIでInternal Server Errorとなる
次の投稿SkySeaで配布インストールしようとするとエラーダイアログが出る
リスト

まだ、解決できませんか?
今すぐ実際に使用しているLINE WORKSユーザーに質問してみましょう。