コミュニティ

LINE WORKSのテクニカルエキスパート及び開発者と
コードのサンプル、リソース、Tip等を共有し問題解決への相談が可能です。

??dev_메인_타이틀_모바일_ja_JP??

トークBot

MessageAPIのエラー

skoukun

2020.09.14既読 534

https://apis.worksmobile.com/{API ID}/message/sendMessage/v2
本日、14:30位から送信出来ない様ですが
なにかトラブル御座いましたでしょうか。

確認頂けますと助かります。

コメント7

  • LINE WORKS 公式アカウント

    こちらの API ですが、以前から告知させていただきました通り、2020年 7月 17日をもちまして廃止となっております。
    https://developers.worksmobile.com/jp/document/10016001?lang=ja


    最新バージョンのメッセージ送信 API をお使いください。
    https://developers.worksmobile.com/jp/document/1005008?lang=ja

    2020.09.14

    0
  • skoukun 投稿者

    v2の廃止は告知が無い様ですが、廃止なのでしょうか。

    2020.09.14

    0
  • skoukun 投稿者

    >ドキュメントの右上にあるプルダウンは、ドキュメントのバージョンを表しております。
    >そのため、API のバージョンとは異なります。
    >メッセージ送信 API のバージョンにつきましては Rest 対応した際にバージョンが振り直しとなっているため、現在は v1 となっております。

    そういう事でしたか。

    ・URL上、V2が廃止
    ・URL上、V1がRest対応で残る

    V3としてRest対応していればドキュメントのバージョンとURLのバージョンが違うという
    紛らわしい状況を回避出来たと思うのですがいかがでしょうか。いまさらですが。

    2020.09.14

    3
  • KariCat

    同意です。
    廃止予定のAPIのところの sendMessage V1 → sendMessage V2 という書き方も良くないかと思います。
    ドキュメントバージョンなのか、APIのバージョンなのか混乱を招きます。

    ドキュメントのURLを見て実装すれば問題ないといえばそれまでですが、何のためのバージョンなのか・・。

    2020.09.14

    3
  • skoukun 投稿者

    KariCat 様
    レスありがとうございます。
    その他にも続々、犠牲者が出ている様ですね・・・

    2020.09.15

    0
  • LINE WORKS 公式アカウント

    ドキュメントの表記と異なるため、わかりにくい状況になってしまったこと、まことに申し訳ございませんでした。

    Rest 化された API は従来の API とは大きく仕様が異なるため、新たに番号を振りなおしました。
    メッセージ送信 API だけではなく、他の多数の API も同時に Rest 化したこともあり、
    v3 と表記することは別の側面からの誤解が産まれてしまう可能性も考慮し、v1 の表記となりました。

    今回のご意見も踏まえ、バージョンの表記に関しましては改善を検討させていただきます。
    貴重なご意見、ありがとうございました。

    2020.09.15

    0
  • skoukun 投稿者

    LineWorksご担当者様

    ご回答、ありがとうございます。
    バージョンの件、承知しました。

    新しくAPIを使うユーザーの為にも改善を期待しています。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。

    2020.09.15

    0
前の投稿 メッセージ送信時に"Malformed authentication header"が発生
次の投稿トークBot API メッセージ送信API(text) のバージョン表記について