内部監査用にトークで添付されたファイルや画像を取得するAPIはありませんか?

R

2023.10.09既読 434

現在、内部監査で外部のLINEアカウントとの間でやり取りされたデータに重要情報が含まれていないかを日々チェックしています。
具体的には、以下の作業を行います。
「モニタリング」の「トーク」から、特定日付で絞ったものをダウンロードして、キーワード検知したトーク内容を確認。
・上記のCSVから、外部アカウント間とでやりとりした画像・ファイルで何らかの疑いがあるものを、管理画面に戻って個別にダウンロードして目検で内容を確認。
GASなどで画像やPDFなどのファイルをダウンロードしてGoogle Driveにアップデートし直し、サムネイル表示することで監査業務を省力化できないかと考えています。
UIそのものが改善されればこのような開発は必要なくなるのですが、誰にでも任せられる内容ではない上、かなりの時間と人件費がかかっており、実現可能なら急ぎ対応したいと思っています。
トークで添付されたファイルや画像に加えて、可能ならファイルの転送日時、受信者、送信者、チャンネルIDなどのメタデータもあわせて取得できると、スプレッドシートに転記して管理したりできるので尚良しです。
また、他に全く異なるアプローチがあればそれも教えて頂けると幸いです。

コメント1

  • 업데이트 된 답글입니다.

    'name'

    [assistant]
    はい、トークで添付されたファイルや画像を取得するためのAPIがあります。以下のAPIを使用することで、添付されたコンテンツをダウンロードすることが可能です:

    GET /bots/{botId}/attachments/{fileId}

    このAPIには、指定されたbotIdに関連するattachments(ファイルや画像)を指定されたfileIdで取得するために使われます【19†source】。

    取得したいメタデータ(ファイルの転送日時、受信者、送信者、チャンネルIDなど)については、APIのレスポンスに含まれているかどうかはドキュメントで直接確認する必要があり、それらのデータも取得が可能であればスプレッドシートなどに転記して管理することができます。

    この情報はお役に立てるでしょうか?もし実装に関する具体的なサポートや他の情報が必要であれば、もっと詳細を教えてください。

    2023.12.22

    0
前の投稿 VBAからAPI経由でLineWorksでメール送信させたい
次の投稿freeeとの連携ができない
リスト

まだ、解決できませんか?
今すぐ実際に使用しているLINE WORKSユーザーに質問してみましょう。