過去のトークについて

API人事連携

2022.05.10既読 163

チームトークの、「過去のトーク」についてご教示ください。

APIの人事連携を利用しています。

① とある組織(複数)に所属していた人が、一旦全員退職

② ①で退職した人を全員復活

③ 過去のトークが非公開設定になっていたため、過去のトークを「公開」とする

④ ②で組織に所属したあとに「公開」としたため、②の人は過去のトークを見ることができない

⑤ 一旦、再び組織から全員移動させる

⑥ 全員もとの組織に追加する

⑦ 全員過去のトークを見ることができる

⑦’ 過去のトーク履歴が見れない

諸事情あり、①の状態となってしまったため、②以降の作業を行いました。複数の組織で行ったところ、⑦で過去のトークを「見ることができる組織」と「見ることができない(過去のトークが消えてしまっている?)組織」がありました。

・原因はわかりますでしょうか?

・「見ることができない組織」のメンバーが、過去のトークを見ることはもうできないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

コメント3

  • 업데이트 된 답글입니다.

    LINE WORKS 公式アカウント

    こちら、APIの人事連携を使われているとのことですが、API 2.0をお使いでしょうか?API 1.0をお使いでしょうか?それとも、何か連携ソリューション製品をお使いなのでしょうか?
    また、③の過去トークの公開設定はAPIでは行うことができません。
    ①~⑥の操作にて利用されたAPIの詳細をお知らせください。

    2022.05.13

    0
  • 업데이트 된 답글입니다.

    API人事連携 投稿者

    ご返信ありがとうございます。
    回答が大変遅くなり申し訳ございません。

    API 1.0を利用しています。

    上記①②はAPIで、③以降は管理画面から手動で行った認識です。
    また、①は一時停止APIを利用して行い、②はその一時停止を削除するAPIを利用した認識です。
    詳細についての回答があまり明確にできず申し訳ございません、必要な情報があればご指摘いただけますと幸いです。

    2022.06.09

    0
  • 업데이트 된 답글입니다.

    LINE WORKS 公式アカウント

    ユーザーの一時停止 API を利用した場合、対象のユーザーはトークルームから退室されず、トークルームに参加したままの状態となり、ユーザーの一時停止を取り消した場合、参加しているトークルームの過去のトークを参照することができます。
    これに対して、ユーザーの削除APIを使用した場合、対象のユーザーは参加していたトークルームから退室します。

    伺った状況からユーザーの一時停止APIではなくユーザーの削除APIが利用されたと推察されます。

    ユーザーの削除を取り消した場合、退室したトークルームに再度参加することとなります。
    トークルームが「過去のトークを公開」する設定でなかった場合、再度参加したトークルームの過去のトークを参照することはできない為、監査ログにて該当トークルームのトークをご確認いただけますようお願いいたします。

    なお、上記仕様につきましては、API でも管理者画面の操作でも同様の仕様となっております。
    こちらは API に関する質問の場となっておりますので、管理者画面の操作についてご不明な点がございましたら、LINE WORKS コミュニティ、またはカスタマーサポートまでご相談ください。

    2022.06.21

    0
前の投稿 トークに投稿されたメールアドレスの判定について
次の投稿ユーザーエージェント情報に関して
リスト

まだ、解決できませんか?
今すぐ実際に使用しているLINE WORKSユーザーに質問してみましょう。