URLスキームからApp Link (Universal Link)に変更したところの事象について

DLS

2022.01.24既読 720

URLスキームからApp Link (Universal Link)(※)に変更したところ、以下の事象が発生しており、
回避策が無いかご教授頂けますでしょうか。
①リソースIDをパラメータとして、該当トークルームにメッセージを送信し、
  LINEWROKSへ遷移したタイミングで、以下のポップアップが表示される。
  「LINEWROKSでline.worksmobile.comで開く
        1回のみ  【常に開く】に設定 」
  「【常に開く】に設定」より変更(※)すれば、確認ポップアップは出ずに通常遷移が可能なことは確認済。
  ※「デフォルトで開く」⇒「対応リンクを開く」⇒「このアプリで開く」
 
  設定を変更する以外にAPI呼出時に回避する方法があれば、ご教授頂きたい。
 
②手動で設定変更するしか方法が無いという回答だった場合、以下についてご教授頂きたい。
   LINEWORKSアップデート(2022/01/20)を実施したところ、手動で設定した内容が元の設定に戻ってしまった。
  アップデートの度に、デフォルト値に戻ってしまうものなのか、
  何かアップデート内容に依存して戻ってしまうのか、確認させて頂きたい。
  ※また設定した値が元に戻るようなアップデート内容かどうかを事前に判断する方法はございますでしょうか?


コメント1

  • 업데이트 된 답글입니다.

    LINE WORKS 公式アカウント

    トーク画面でURLをクリックした際には基本的にIn-app browserが起動します。
    掲示板にアクセスした際にはブラウザ選択画面が表示されます。
    この際、常に選択したブラウザを開くを選んだ場合、アプリアップデート時にもブラウザ選択画面が表示されず、常に選択したブラウザを起動します。

    こちらの検証環境で確認いたしましたが、通常のAppLinkではブラウザ選択画面は起動いたしませんでした。
    https://line.worksmobile.com/message?version={link_version}

    ただ、URLによってはブラウザ選択画面が表示されることもあります。
    確認のために個別の端末情報や現象の発生する正確なURLが必要となりますが、こちらのCommunityの性質上、個別の環境のデータをやりとりすることができません。
    お手数をおかけいたしますが、担当のパートナー営業、またはカスタマサポートまでお問合せください。

    2022.02.07

    0
前の投稿 API2.0の監査ログ取得のリダイレクト先URLについて
次の投稿API 2.0 (beta)顧客企業リストの取得のレスポンスについて
リスト

まだ、解決できませんか?
今すぐ実際に使用しているLINE WORKSユーザーに質問してみましょう。