コミュニティ

LINE WORKSのテクニカルエキスパート及び開発者と
コードのサンプル、リソース、Tip等を共有し問題解決への相談が可能です。

??dev_메인_타이틀_모바일_ja_JP??

トークBot

コンテンツダウンロードの戻り値が空になる

一人情シス「yone」

2020.02.20既読 537

今までLINEを業務で活用しており

LINE Message APIをGoogle Apps Script(GAS)から使用しておりました。

LINE WORKSの導入が決まり同様にGoogle Apps Scriptから使用しようとしたところ

参考情報が少なく行き詰っております。

[実現したいこと]

【LINEに画像を送ると文字起こししてくれる「文字起こし君」を自作しました】

https://reasonable-code.com/mojiokoshikun/

上記を参考にして送付した画像からGoogleDocumentの機能を用いた文字おこしを行っております

実際の運用ではその文字列の中から特定の文字列を抽出しているのですが

これをLINE WORKSで行おうとしたところ

「content.resourceId」の取得までは実現できたのですが
コンテンツダウンロードを実行しようとしたところ戻り値が空になってしまいました。
-- Google Apps Script --
function getImageBlob(token, apiId, ckey, resourceId){
var res = UrlFetchApp.fetch(uri, {
'method': 'get',
'headers': {
'consumerKey': ckey, // Server API Consumer Key
'Authorization': 'Bearer ' + token,
'x-works-apiid': apiId, // API ID
'x-works-resource-id': resourceId, // ダウンロードする resourceId
},
muteHttpExceptions: true;
});
return res;
}

私のスキル的にはAPIの仕組みや実行の流れなどはきちんと理解しておらず
実例などのサンプルを見よう見まねで使用しているくらいのレベルです。
おそらく上記の記述で何かが誤っているはずなのですが、それをどう調べていいかもわからない状態です。
ご教示願えますでしょうか?

【GoogleAppsScript で LINEWORKS のチャット BOT を作る】

https://qiita.com/kunihiros/items/a94221ad7c9f4de84cf8
数少ないこちらの記事を参考にトークン発行はこちらでおこないました。

コメント3

  • 一人情シス「yone」 投稿者

    訂正です
    空値が戻ってくると記載して居ましたが誤りで
    正しくはエラー「400 Bad Request」でした。

    2020.02.20

    0
  • LINE WORKS 公式アカウント

    こちらでご提示いただいたコードを試してみたところ、正常に画像データをダウンロードすることができました。
    400 Bad Request になるとのことですが、エラーメッセージの詳細をお教えいただけますでしょうか?
    もう一つ確認させていただきたいのですが、Token は ID 登録タイプの ServerToken を利用しておりますでしょうか?
    https://developers.worksmobile.com/jp/document/1002002?lang=ja

    2020.02.25

    0
  • 一人情シス「yone」 投稿者

    お世話になっております。

    本日、同じコードで試したところなぜでしょうか
    言い方は変ですが、無事ダウンロードができてしまいました。

    原因は不明ですがお手を煩わせてしまいまして申し訳ございません。
    ご協力のおかげで想定の処理を実装できました!

    ありがとうございました

    2020.02.26

    0
前の投稿 「組織のデータ復元」機能についてのAPI対応可否
次の投稿Sandbox環境でのSAML認証を使用したシングルサインオン連携