コミュニティ

LINE WORKSのテクニカルエキスパート及び開発者と
コードのサンプル、リソース、Tip等を共有し問題解決への相談が可能です。

??dev_메인_타이틀_모바일_ja_JP??

トークBot

Rate Limit につきまして

画像

y.yokota

2019.12.11既読 273

2019/12/19 より適用される Rate Limit につきまして、以下質問させて頂きたく思います。
  1. ドキュメントにある「ユーザーの API 呼び出し数」のユーザーとは、 1つの Lineworks アカウント ID ということでしょうか。 1つのトークbot が複数の Lineworks アカウント IDと会話する場合、「個々の Lineworks アカウント ID について "60 request/min" 等の制限がかかる」という理解でよろしいでしょうか。
  2. Message カテゴリ につきまして、 Rate Limit の対象として数えられるのは メッセージ送信 API の呼び出し回数だけでしょうか。 メッセージ受信の数は対象になりますか?
  3. Rate Limit は、 例えば Free の場合は "60 request/min" とされていますが、この1分間とはどのように定められているのでしょうか。例えば毎分0秒にAPI呼び出し数が0になる、もしくは(秒は関係なく)過去1分間のAPI呼び出し数を数えているのでしょうか。
  4. 前の質問とも関連しますが、 Message 送信によって Rate Limit が起きた場合、例えば1分間 Message を送らずに待機したあとで message を再送すれば、送信に成功すると考えてよいでしょうか。
以上、よろしくお願いいたします。


コメント2

  • 画像

    LINE WORKS 公式アカウント

    ご質問いただいた内容について、以下に回答させていただきます。

    1、「ユーザーの API 呼び出し数」について
    Rate Limit とは、各テナントが一定時間内に使用できる総 API 呼び出し数の上限値です。
    そのため、「ユーザーの API 呼び出し数」のユーザーは利用しているテナントを指します。
    1つのトーク Bot の API 呼び出し数ではなく、テナントに登録されているすべてのトーク Bot で呼び出される API の呼び出し回数がカウントされます。

    2、Message カテゴリ について
    トーク Bot API がすべて対象になります。
    https://developers.worksmobile.com/jp/document/3005001?lang=ja
    メッセージ送信 API だけではなく、トーク Bot の登録などの API もすべて含みます。
    メッセージ受信(Callback 形式)の際には API を呼び出す必要はありませんので、回数にはカウントされません。
    https://developers.worksmobile.com/jp/document/1005009?lang=ja

    3、request/min について
    60 sec の場合には、例えば 12:01:00 ~ 12:01:59 の間の呼び出し回数をカウントします。
    12:02:00 になれば、新たなカウントとなります。

    4、Rate Limit が起きた場合
    ご認識の通り、待機時間を設けていただければまた使用していただくことができます。
    ただし、過度な超過によりサービスに負荷をかける行為と判断された場合にはテナント停止などの対応を行う場合があります。
    サービスセキュリティに関わるため判断基準については非公開になります。

    2019.12.13

    0
  • 承知しました。回答ありがとうございました。

    2019.12.17

    0